読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ファイナルファンタジーXVは本当にファンタジーだったのか? -明らかに破綻したシナリオの違和感とその正体-

会話ができない. 僕がFFXVを初めてプレイしたとき,というかジャッジメントディスクをプレイした段階で本作に対していきなり感じた違和感はそれだった. はじめに,僕がドラクエやFFなどのRPGをプレイする上で,新たな街に訪れた時に必ず行う作業を列挙した…